So-net無料ブログ作成
検索選択

北の大地の新幹線 [鉄道]

さて再び昨年に戻りましょう。
というかついに遅延が半年越えて9ヶ月とか・・・。
周回遅れ半端ないブログと化してますね・・・(ヲ

雪も漸くなくなりつつある2013年4月4日。
函館の帰りにふと見てみたくなったのが函館本線砂原支線の流山温泉駅にある200系新幹線。
この車両の存在を知ったのが今ではコミケを通じて交流させて頂いているサークル『ムサシノ工務店』
さんの同人誌『ランズエンド』の廃車両特集に掲載されていたのがきっかけでした。
この時はたまたま夕方にふらりと寄って軽く撮影してまた機会を改めてくればいいやと思っていたら
2ヶ月後の6月に老朽化を理由に撤去解体されたのでした・・・。


P1080529.jpg
というわけで流山温泉です。
道道から少し大沼の方に入って行くと見えてきます。
時間があれば温泉で一服、というのもいいですがこの時間から札幌まで帰ることを考えるとねえ・・・。
(しかも日帰りだったり・・・w)


P1080532.jpg

P1080549.jpg
流山温泉には51系客車転用のライダーハウスが置かれています。
最後の一般形客車である50系客車ももう貴重品ですね・・・。


P1080382.jpg
駒ケ岳はまだ真っ白です・・・。


P1080387.jpg
駅に向かって歩いていたら見えてきました。


P1080405.jpg
流山温泉駅。
片面1線のホームだけの駅です。


P1080390.jpg
というわけでご対面。
東北新幹線で使われていた200系3連が保存されていました。
かなり薄汚れていましたがそこまでボロボロというわけでもないんだな、と。


P1080393.jpg
解説板。
なおここに200系が置かれたのは北海道新幹線開業を願ってということですが、
もともと流山温泉はJR北海道の関連会社が開発した温泉地でそこにJR東日本も出資していたので
廃車になった200系を譲渡してもらえた、という流れのようです。
なお現在の流山温泉はNPO法人が運営しているようです。


P1080413.jpg

P1080426.jpg
片面1線のホームの横に新幹線。
中々にシュールな光景です。
何も知らずにこの駅に着いてこの光景を目にしたら驚きますよねこりゃw


P1080421.jpg
中間車はなんとグリーン車。
このチョイスは中々好みですw


P1080480.jpg
さすがは大柄な新幹線車両。
下から見上げると中々の迫力ですね。


P1080448.jpg

P1080401.jpg
昨年3月改正で200系もついに引退していましたが200系ってどれくらい保存されているのでしょう?
鉄道博物館の個体は有名ですがあまり残されていないような。
特にグリーン車は他で保存されている話も聞かないですしここの車両も貴重な車両だったと思うので
撤去解体は残念です。


P1080513.jpg
そろそろ撮影が厳しい時間になってきました。
この時は「また改めて来るか」と単純に思っていましたがまさかそれがもう叶わないことになろうとは・・・。
この光景も今では見ることができずほんとこういうものは“一期一会”なんだなあ、と。


P1080526.jpg
駒ケ岳をバックに走る200系新幹線。
200系が引退した今、北海道新幹線を200系が走ることはありえませんが、昭和末期から平成初期の
当時はまだ幻想の域を出ていない妄想をわずかでも現実の世界で見させてくれた光景なのかも
しれませんね・・・。




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

ミスター仙台

私は此処の温泉に入りました。
お湯の温度も私的には丁度良かったです。
流山温泉駅のホームは狭かったので、
貨物列車が通過したときは少し怖かったです。
200系は解体ですかぁ~・・・残念です。
by ミスター仙台 (2014-01-14 09:58) 

heitaro-2nd

ミスター仙台さん

時間があれば温泉でのんびりしたいところですが
いつもギリギリの日程組んでいるせいでスルーするのが
大半・・・。ちょっともったいないな、と最近。

200系解体は本当に残念ですね。
蒸気機関車は結構あちこちで残っていますが客車や電車は
保存されたとしても撤去解体されるのが多いような・・・。
もう少し歴史的な価値を重視してほしいと思わざるを得ませんね・・・。



by heitaro-2nd (2014-01-14 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: