So-net無料ブログ作成

特急わっかない号夜行便で稚内に行ってきました。 [旅行・出張]

8月の最終週の週末に撮影を兼ねて稚内に行ってきました。
目的は宗谷本線特急の撮影と復路にサロベツに乗車することでしたので効率を上げるために往路は十数年ぶりに夜行バスを使うことにしました。


IMG_3064.jpg

IMG_3066.jpg

IMG_3067.jpg
というわけで金曜夜の大通バスセンターにやって来ました。
札幌の都市間バスのターミナルは札幌駅前・中央バス大通ターミナル・大通バスセンターの3箇所に分散しているので注意が必要ですね。
稚内行きはこの大通バスセンターから発着しています。


IMG_3075.jpg
予約定員制なので事前に電話予約しておきました。
発券は当日で問題ありません。
稚内まで6200円也。JRの6割ほどですかね。
なお夜行便は途中開放休憩がありませんので飲食物は出発前までに裏にあるセイコーマートで補給しておきましょう。


IMG_3078.jpg
ホームはこじんまりとしたもので1線2面。
座席は自由席なので先発の根室行きが出発したら早速並びます。
なお金曜の夜行便だけあって需要は旺盛で2台でほぼ満席の様子でした。


IMG_3081.jpg

IMG_3082.jpg
今回の担当は宗谷バス。夜行便用の3列シート車です。


IMG_3083.jpg

DSC_0185.jpg
座席にはUSBポートがあります。
3列独立のリクライニングの深いシートでまあまあ快適ですが最近の夜行バスに装備されつつある通路カーテンはありません。

大通バスセンター23:00→稚内フェリーターミナル5:30と6時間半の行程です。
昼行便と違って所要時間に余裕が有るため全て一般道の行程です。
そのため常に一定速度で走っているわけではなく結構停車発車があります。
その度にある程度のショックはありますし後方席だとエンジン音も響いてきます。
あと通路カーテンがないにもかかわらず斜め前の乗客が消灯後も1時前頃まで読書灯つけてタブレットで何かを読んでいる始末・・・。
通路カーテンがない車両では消灯したら素直に寝ましょうね・・・。

そんなこんなで1時頃に寝ましたが途中1時間おきくらいに目が覚めてました。
とはいえ全く寝れないことはなく久しぶりの夜行バスの旅としてはまあ良かったのではないかと。
翌日の行動に支障をきたすようなことはありませんでした。
ただ翌日のホテルでは8時半に寝てしまいラブライブサンシャイン観るどころか気がついたら大浴場の時間が終わっている始末でしたがw

DSC_0187.jpg

IMG_3085.jpg
稚内駅前バスターミナルで下車。
ってか道路上ですがw
てっきり稚内駅前が終点だと思い込んでたので慌てて下車w
稚内駅前で下車したのは私を含めて3名で大半の方はフェリーターミナルへ向かう模様。
そのまま朝イチのフェリーで利尻礼文に渡るのでしょうね。

この時間なので周辺はなにもないですが稚内駅の駅舎は空いてますのでそちらへ移動しました。
6時になると駅のセイコーマートが開店しますので朝食も調達できます。
あ、セイコマは(特に地方では)24時間じゃないのが当たり前ですからねw

結論としては、夜行列車が壊滅した今、夜行バスも結構使えるな、と。
ただ3列車でもちょっと体力的にきついな、と。
最近本州では導入している事業者が増えてきている2列車だとどうなんだろうという興味はありますです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0