So-net無料ブログ作成
検索選択

JR北海道の廃止予定駅に行ってきました その3 [鉄道]

スミマセン久し振りのこのブログの本来の記事である鉄道ネタですw
昨年3月のダイヤ改正でJR北海道管内の極端に利用の少ない駅が廃止されましたが今年3月の改正でも幾つか廃止されるとリリースがありました。
今回もリリース前から噂がありましたので幾つか訪問してきましたのでここでご紹介させて頂きたいと思います。


P1040640.jpg

P1040632.jpg
函館本線 東山駅。
木製枕木で作られたホームだけの駅で待合室等はありません。
なお元々はスイッチバック構造の信号場だったらしく線路の左側に見える築堤は加速線跡だそうです。


P1040648.jpg
駅へのアプローチは道路から線路に沿ってこの小道を歩いていくしかありません。
一応柵は設置されていますが特急や重量貨物が走ってくる函館本線ですからねえ・・・。
結構怖いですよw


P1040633.jpg
ホームから長万部側。
この日は天気が悪くて残念ながら駒ケ岳は見えませんでした。


P1040653.jpg
スイッチバックの加速線の築堤から続く橋台跡。
加速線は道路を渡って反対側まで続いていたようです。
訪問時は何かわからなかったのですが調べてみて初めてこの駅が元々スイッチバック構造だったと知って納得。


P1520153.jpg

P1520232.jpg
函館本線 桂川駅。
こちらも東山駅同様信号場→仮乗降場→駅というように昇格していった駅です。


P1520184.jpg

P1520269.jpg
駅の構造は2面2線。コンクリート製のホームが千鳥状に並びます。


P1520166.jpg
待合室は道路からホームに上がる階段の踊り場と共用。椅子が設置されています。


P1520171.jpg
列車は1日6往復。函館本線の函館側にしては少ないような・・・?


P1520265.jpg
上りホームの端には出入り口が・・・?


P1520263.jpg

P1520261.jpg
ホームを出ると個人宅へ向かう道と駅裏の丘に向かう小道。
私有地っぽかったのでこれ以上進むのはやめました。


P1520218.jpg
上りホームと下りホームの間は構内踏切で連絡しています。
当然ながら特急や重量貨物が高速で通過しますので注意が必要です。


P1520241.jpg
駅の全景はこんな感じですね。


P1520298.jpg

P1520302.jpg

P1520320.jpg
函館本線 姫川駅。
ここには小さな木造駅舎があります。


P1520377.jpg

P1520380.jpg

P1520372.jpg
姫川駅はすぐ裏手を国道5号線が走っているのですが国道からアプローチするルートはなく、一旦道道に回ってこの駅への標識からは1車線のダートを走ります。
正直ルートを調べずにナビだけで向うと迷います。というか迷った人間がここに・・・w


P1520304.jpg

P1520316.jpg
駅舎内。立ち入りできるのは小さな待合室のみです当然ながら。


P1520349.jpg

P1520357.jpg
ホーム側より駅構内。


P1520346.jpg
ホームは下り(駅舎側)が短く上りが長い面白い構造。


P1520329.jpg
上下線ホーム間はここも構内踏切。


今回はここまで。
まだ訪問している駅がありますのでまた改めて。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0