So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・出張 ブログトップ
前の10件 | -

特急わっかない号夜行便で稚内に行ってきました。その2 [旅行・出張]

IMG_3121.jpg

IMG_3159.jpg
前回の宗谷バス特急わっかない号夜行便で稚内に行ってきた話の続きです。


続きを読む


特急わっかない号夜行便で稚内に行ってきました。 [旅行・出張]

8月の最終週の週末に撮影を兼ねて稚内に行ってきました。
目的は宗谷本線特急の撮影と復路にサロベツに乗車することでしたので効率を上げるために往路は十数年ぶりに夜行バスを使うことにしました。


IMG_3064.jpg

IMG_3066.jpg

IMG_3067.jpg
というわけで金曜夜の大通バスセンターにやって来ました。
札幌の都市間バスのターミナルは札幌駅前・中央バス大通ターミナル・大通バスセンターの3箇所に分散しているので注意が必要ですね。
稚内行きはこの大通バスセンターから発着しています。


続きを読む


函館読書会に行ってきました。その2 [旅行・出張]

P1440898.jpg
さてホテルを出て再び出発ですよ。
今度は市電に乗車します。


DSC_0121.jpg
市電で使用したのがトワイライトパス。
1月~3月の18時以降300円で乗り放題になる切符です。
函館市電の運賃は距離制で最大料金は250円ですので2回以上乗車すれば大体元取れますね。

続きを読む


函館読書会に行ってきました。その1 [旅行・出張]

DSC_0153.jpg
3月13日に函館で開催されました北海道COMITIAの読書会に行かないかとお誘いをいただきまして行ってきました。
メンバーは今回発起人のヤマダ代務氏とタムっち君、私の計3名でした。
前日の12日から出発して泊まりがけで行くことに。

続きを読む


奔別炭鉱立坑櫓・ホッパー跡 [旅行・出張]

2013年9月23日。
P1100823.jpg
空知地区の廃駅巡りをしておりまして、ふと事前知識もなく、「あれこんなところにあったの?」というわけで訪問したのが今回ご紹介する住友奔別炭鉱の遺構です。
まあこの辺の鉄道どころか街自体が炭鉱によって作られ、炭鉱が消えるとともに消えていったので炭鉱の遺構自体はそれほど珍しくもないのですが、同人誌で知った炭鉱跡だったので驚きとともに早速見学に立ち寄ったのでした。


続きを読む


松尾鉱山廃墟群探訪 その2 [旅行・出張]

P1070693.jpg
さて道路沿いに見えるこの建物は独身寮の跡とのこと。
一部の廃墟系サイトさんにはここの内部レポもありますが入るところなんてあるのコレ?
6月末というのもありますがもう完全に藪の中です・・・。
さすがに接近するのはやめておきましょう・・・。



続きを読む


松尾鉱山廃墟群探訪 その1 [旅行・出張]

DSC_0979.jpg
盛岡で合流した後輩が手配してくれていたレンタカーで次の目的地に向かいます。
東北自動車道を快走し途中滝沢PAで休憩。


続きを読む


盛岡バスセンター その2 [旅行・出張]

P1070358.jpg
というわけで朝の盛岡駅です。


P1070364.jpg
ここからはバスに乗って行きましょう。


続きを読む


盛岡バスセンター その1 [旅行・出張]

2013年6月28日。

週末を利用して仙台の後輩のところに遊びに行くことにしました。
そのついでと言ってはなんですが、盛岡でちょっと寄り道していくことに・・・。
P1070061.jpg

P1070041.jpg

P1070059.jpg
というわけで金曜の夜のはまなすで出発です!


続きを読む


開陽台 [旅行・出張]

今週末は三連休でしたが私はANAのマイルが貯まっていたので新潟から富山を回ってきました。
お目当ては485/475系と富山地鉄の特急。
地鉄は鉄道線完乗。特急もレッドアローと京阪3000系ダブルデッカーの両方に乗車できましたし、
475系も2日目の最後に高岡→糸魚川間で乗車出来ました。
ただ485系の方はというと、T18編成や国鉄色などといっている場合ではなく、3日間で北越7本、
くびき野3本確認しましたが北越2本だけがT編成(上沼垂色)であとは全部R編成の3000番台でした。
特にくびき野に行き帰りとも(区間は違いますが)乗車しましたが全部R編成というのは本当に
驚きましたね。
475系もどうやら朝夕の運用が中心のようでダイヤ改正後更に色々と難易度が上がったようです・・・。
今回の遠征のレポートは、多分冬コミ報告終わった辺りでやってるんじゃないかなあ・・・(汗


閑話休題。
2013年5月4日。

前回の奥行臼の後、中標津方面に向かいました。
P1050741.jpg
中標津市街地を抜けてなんとも北海道らしい道を走りながら向かいましょう。


続きを読む


前の10件 | - 旅行・出張 ブログトップ