So-net無料ブログ作成

小幌駅に行ってきました [鉄道]

夏コミも終わりまして少し落ち着きましたので日帰りでどこか遊びに行けないかと思った日曜日。
JR北海道管内の極端に利用の少ない駅を廃止するという報道を思い出して、そういえば行ったことがなかったな、と。
思い立ったが吉日、と申しますので早速行ってみた次第、とw


P1380274.jpg
今回のスタートは大岸駅からです。
廃止報道以来小幌駅は豊浦町最大の一大観光地と化している(笑)と聞いていたので始発で行くべきか、という判断でここまで車を使いました。
正直時間の余裕があまりなかったので豊浦ICから近い大岸駅を選択したということです。


P1380300.jpg
列車がやって来ました。
東室蘭発長万部行き470D。キハ150系の単行でした。


P1380317.jpg
2駅で到着。間の礼文駅からも乗車がありました。
なお小幌で7人下車。中々の観光地っぷりですねこの日曜の朝っぱらからw


P1380542.jpg
小幌駅全景。
マジでトンネルとトンネルの間にへばりついてますよこの駅・・・。
でもって本当に外部への脱出路が見当たらない。
とりあえず海に出られるのは有名なのとあと最近旧国道から徒歩で小幌駅に到達した猛者がいるようですが道中日本国内最大最強の陸棲哺乳類にエンカウントする確率が高いらしいのでオススメしないとのことw


P1380337.jpg
単線時代の待避線が残っていますが既に本線から切り離されて使用中止の様子。


P1380413.jpg
礼文側の旧線トンネル。
10年ほど前に封鎖したようです。


P1380457.jpg

P1380461.jpg
東室蘭方面のホームに駅ノートがあります。
意外としっかり密閉された容器で湿ったりはしていないようですね。


P1380464.jpg
中には湿度計と大量のシリカゲル。
定期的にメンテナンスされているようです。


P1380679.jpg
こんなのも入ってましたw
そういえば来訪者が増えて安全管理のためか保線の方が2名始発列車で来られてましたがJR関係者が張り付くなら記念切符でも作って売ればいいのに、と思ったり思わなかったり。


P1380509.jpg
保線用の施設でしょうか。
結構立派な建物ですね。


P1380500.jpg
トイレが残ってました。
というかこんなところに汲み取りに来れるわけもないしまさかの横の川に垂れ流し・・・(ヲ


P1380393.jpg
さて駅から脱出できる唯一のルートがこちら。
先ほどの保線施設とトイレの間を進むと小道に繋がります。


P1380399.jpg
分かれ道には一応看板。
海側に行くのは推奨されていないのか案内すらありませんがw


P1380396.jpg
海へ出る道はこの通り。
この時期は汚れてもいい格好でないとダメっぽいですね・・・。


P1380401.jpg
逆に観音像や洞窟へ向かう道は普通の山道でした。


P1380425.jpg

P1380587.jpg

P1380612.jpg

P1380646.jpg
いくら秘境駅と言ってもここは札幌へ向かう室蘭本線のど真ん中。
列車が高速で通過していくので中々の迫力です。


P1380704.jpg

P1380722.jpg
というわけで帰りの列車がきました。
戻りましょうか。

なお本日TwitterのTLに小幌駅の今秋の廃止は豊浦町との協議を行うので一旦棚上げというネタが流れてきましたが真相はどうなんでしょうね?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0